高校地理をわかりやすく,そして楽しく!

現役高校教師がどんな参考書よりもわかりやすく,センター試験で高得点を目標に,地理の授業を解説します。

*

センター試験 地理B 2017 解説 第2問

   

センター試験 地理B 2017 解説 第2問

問1 ④

日本の農業等に関する説明の正誤問題であり,地理というよりも一般的な常識力で解けてほしい問題でしたが,正答率はあまり高くないように思われます。

➀は「支援していない」というのも変な話だなーと感じてほしいところ。対外的にはTPPなどの交渉を進めてきた一方で,国内では当然ながら,国際競争力を高めるために,経営面積の拡大などの支援を行っています。

②はトレーサビリティという言葉について一度でも聞いたことがあれば,正しい文章だとわかるはず。最近はスーパーマーケットでも,「この野菜は何県の誰々さんが作りましたよー」的な農家の顔写真入りのポップが貼られていることもよくありますね。この制度はBSE問題(いわゆる狂牛病)がアメリカで発生したことを契機に導入されています。

③は遺伝子組み換え作物や加工品に関してよくあるひっかけ問題です。chiriも毎年授業で話をしますが,みなさんもお菓子などの箱の裏に「とうもろこし(遺伝子組み換えでない)」という表示を1度は目にしたことがあるはずです。これはつまり,その作物や商品が遺伝子組み換え作物を使用しているかどうかを示しているわけであり,そもそも日本が遺伝子組み換え作物の輸入を全面的に禁止しているのであれば,このような表示自体を載せる必要がないはずです。つまり日本は

  遺伝子組み換え作物の輸入は認められているが,その際には表示義務がある。

が正解です。よって③も誤答ではありません。

④は近年の航空機や冷蔵技術の発達によって鮮度を保った野菜がたくさん輸入されています。これも感覚的に正しくないとわかってほしいところです。例えば,パプリカなどは韓国からの輸入が大部分を占めており,スーパーマーケットでも最近はほとんど韓国産です。あるいは遠く離れた太平洋に浮かぶトンガからも日本の商社によってカボチャが輸入されている,という例も帝国書院の教科書に掲載されています。

問2 ②

大陸ごとの1人当たり農地面積とGDPに占める農林水産業の割合のグラフです。まず,1人当たり農地面積が極端に小さい➀と②がアジアとアフリカとわかります。大規模な農地と機械化によって1人当たりの面積が大きくなっている③と④が北アメリカかオセアニア(実質的にはオーストラリア)です。

すると,GDPに占める農林水産業の割合がより高い➀が農業主体で途上国の多いアフリカ,②がアジアとなります。

残った③と④もよくひっかけ問題として問われる内容ですが,アメリカ最強・最大説をなんとなく信じ込んで④を北アメリカにしてしまうと×。一人当たりの農地面積はアメリカが158haなのに対してカナダが201haと,カナダのほうが大きいこと。さらにオーストラリアは899haとカナダの4倍以上大きいこと(2009年の統計より)も押さえておきたい内容です。よって③が北アメリカ,④がオセアニアとなります。

問3 ③

バイオマスエネルギーに関する正誤問題です。この内容も近年出題頻度が高くなってきているように思います。しかしこの問題も,常識的に問題を読んで答えにたどり着いてほしいところではあります…

➀は,環境問題への意識が高いEUで木くずを発電用の燃料として利用することが,「推進されていない。」というのもおかしいだろう,と普通に考えればわかるはずです。少し詳しくなりますが,オーストリアではこの木質バイオマス発電によって林業が生産性の高い産業として生き残っており,これによって生まれた電力を近隣国に輸出して売電収入を得ているほどです。

②は,トウモロコシやサトウキビがバイオマスエネルギーの原料として利用されるようになってきてから,食料価格の高騰を招くようになったと頻繁に耳にする内容です。

③は,「大規模な発電施設を必要とする」の部分が不適当です。

  途上国において,薪を燃やして炊事をしたり,インドで牛の糞を乾燥させて燃料にしたりするのもバイオマスエネルギーに含まれる

ため,当然ながら,大規模な発電施設は必要ありません。あるいは,先ほど述べた木質バイオマス発電も小規模な施設で運用できるため,林業が盛んな地域の製材業社が導入している例も日本に多くあります。

④のカーボーンニュートラルとは,樹木や農作物は光合成によって二酸化炭素を吸収しているため,木くずなどを燃やして発生した二酸化炭素はプラスマイナス0とみなされる,という意味です。

問4 ②

イギリス,オーストラリア,ドイツ,日本のエネルギー輸入依存度と鉱工業就業人口の割合についての問題です。

まずわかりやすいのはエネルギー輸入依存度が93.7%と圧倒的に高い➀が日本でしょう。逆にエネルギー輸入依存度がマイナス,つまりエネルギー資源を大量に輸出している④の国はと言われれば,石炭を世界一輸出しているオーストラリアでしょう。

残った②と③は,イギリスは北海油田があるため,西ヨーロッパ諸国の中でも比較的エネルギー自給率が高いこと,あるいはドイツは日本と同様に工業が盛んな国であることの2点をそれぞれ思い起こせれば,自信を持って②がドイツ,③がイギリスと選べるでしょう。

問5 ④

世界の石炭生産量,輸出量,消費量上位8か国について図形表現図の組み合わせを選ぶ問題です。今年の問題の中で最も易しい問題の一つと思われます。

この手の問題の大原則は「まず日本を見る」です。

日本は農産物だろうが,エネルギー資源だろうが,鉱産資源だろうが,ほとんどのものの輸入量もしくは消費量で世界の上位に入っています。そのため,今回も3つの図の中で唯一日本に丸印がついているアが消費量と即決定します。

残ったイとウは,イで中国に圧倒的に大きな丸がついているのに対し,ウでは中国はランク外,オーストラリアやインドネシアに大きな丸がついていることからイが生産量,ウが輸出量となります。インドネシアの石炭輸出が2012年,2013年ではオーストラリアを抜いて世界一位になっていることも要注意ですね。

  インドネシアは新期造山帯に属するものの,石炭の産出が多い

という例外パターンですので,受験生としては必須の確認事項です。

問6 ④

デトロイト,バンコク,ロッテルダム(ユーロポート)について,工業地域の特徴を説明した文章の組み合わせを選ぶ問題です。受験生としてはいずれも押さえておきたい知識が埋め込まれた説明文でしたが,知識が欠けている部分があった受験生は,やや迷った問題かもしれません。

考える順番は,判断の基準となる知識の優先順位からいうと,キのデトロイトでしょう。「水運をいかして,周辺地域で生産された粗鋼」は運河によってつながっている五大湖を利用し,メサビ鉄山の鉄鉱石とアパラチア山脈の石炭からピッツバーグなどで粗鋼生産が盛んになったことを意味しています。また,「20世紀初頭から」という部分より,1900年代前半とわかるので,これは結構古いです。「〇〇世紀頃」という表現は問題文中にさりげなく登場しますが,きちんと西暦に置き換えて,大体何年くらい前なのかをしっかりとイメージしながら問題を解いていくことが重要です。第二次世界大戦よりもはるかに前から,フォードによって始まった「大量生産方式」によって自動車製造が盛んだったのはアメリカのデトロイトしかありえません。

次に考えるのはクのバンコクです。キの文章に対して「1990年代以降は」とあるので,ものすごく最近発展してきたことがわかります。そうすると,ASEANに属するタイのバンコクとすぐわかるはずです。ちなみに,「外国からの投資による工業化」とある部分については,自動車産業だと日本が最も進出していること,家電製品だと韓国や中国などが多く進出していることなどを意味しています。バンコクは「アジアのデトロイト」と呼ばれるくらい東南アジアにおいて自動車工業が発達していることも先ほどのデトロイトとセットで思い出したいですね。

残ったカがオランダにあるロッテルダムです。これも「20世紀中頃に」とあるので,そこそこ工業化の歴史が古く,現在先進国であることが想像できます。また,知識としてはやや細かいものの,「石油化学コンビナートが立地する」とあるのは,ロッテルダムには実は世界最大の石油化学コンビナートが存在し,石油メジャーのコンビナートが林立しているのです。

正解にたどり着くための判断基準としてはデトロイトとバンコクの判断がしっかりできれば問題なかったと思います。

 

 

 

 

 - センター試験過去問解説, センター試験2017(平成29年)